アフターピルはどれにする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

彼女やセフレとセックスをしたあと、妊娠が心配になってアフピルのお世話になったことのある男性も少なくないでしょう。

アフターピル(緊急避妊薬)とは、避妊をせずエッチしてしまった時に、そのエッチが行われた72時間以内に服用することで妊娠を回避する黄体ホルモン剤のことをいいます。

マツキヨなどのドラッグストアで自由に購入できるものではなく、お医者様に診察してもらって処方してもらうことが必要となります。

中出しエッチした翌日に彼女からLINEが届いて、

「心配だから今から病院いってくる」

などと​言われた日には、

「ごめんねー、病院すんだらお薬代を取りに来てよ」

と返すしかありませんから、反省するのですが、何故か同じことを繰り返してしまいます。

気持ちよさにはかないませんからね。

さて、そんな彼女に渡してあげるお薬代ですが、おいくらが妥当なのかを検証してみたいと思います。

最近流行のアフターピルといえば「ノルレボ」ですね。

1錠飲めば95パーセントを超える成功率があるといわれる一方で、吐き気などの副作用が少ないお薬です。

病院によっては問診表に簡単な記載をすればすぐに処方してもらえます。

ただし、お薬代は診察料込みで1万3千円以上はかかるようです。

かなり高価なお薬ですね。

そんな高価なノルレボ以外のアフピルとしては、ヤッペ法というものがあります。

ノルレボより早くから利用されていた方法で、プラノバールを緊急避妊薬として用いるというものです。

避妊の効果が少しノルレボに劣りますし、副作用がきついのですが、お値段は3千円くらいから処方してもらえます。

男性にとっては、安価なヤッペ法をお願いしたいところですが、副作用は人によっては仕事を休まないといけないほどきつい場合があるそうですから、おいそれとはお金のことを口にできません。

結局、どのアフピルを選ぶかは女性任せということになりますから、病院への往復交通費なども含めて2万円を女性に手渡すのが妥当なのではないかなと考えています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

三代目編集長

投稿者プロフィール

チーズと納豆をこよなく愛する中年禿オヤジ。年がいくにつれて頑固になってきた事を自覚しつつも、症状を抑えられない自分をいとおしく思う今日この頃。日本百名山を制覇するのが目標です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

裏オプ料を払わずに基盤できた方法

アフィリエイト

エビデンスに基づいています

アフィリエイト
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
ページ上部へ戻る